Blogブログ

自分に似合うヘアスタイルの見つけ方や、Rawのライフスタイルを提案しています。

シンプルなヘアスタイルってなんだよ・・・

先日のRaw’s Guest。

本当にシンプルな前下がりのショートボブ。

ボブの艶感や丸さを活かしたかったので、

レイヤーなどは入れずにカットしました。

(レイヤー入れると軽さや動きは出るが、

もう少しシルエットがシャープになります)

似合わせの1st STEP!〜似合うシルエット〜

Guestへの似合わせを考える時、僕は『シルエット』を何より重要にしています!

今回のような前下がりボブの場合、『ウエイト・ライン』と呼ぶこのライン

アゴラインから後頭部を結ぶこのライン。

このライン設定が似合わせに大きく影響します!

後頭部の位置が高くなると、縦長なシルエットが強調され

よりシャープでクールな印象になります。

低くなると横広なシルエットが強調され安定感のある

女性らしいシルエットになります。

 

このライン設定をGuestの女性像や髪質・骨格にどうフィットさせていくか?

ここを似合わせる時に一番、大切にしています。

Guestが自宅でセットをする時って、美容師がセットするほど「質感」って

コントロールできないと思うんですよね。

(実際、街中でみるヘアスタイルでいい質感って見ない・・・)

ただこのシルエットって、カットでしっかりと作っておけば

自宅でバァ〜っと乾かしただけで再現可能なんですよね。

なのでもっとも重要にしています!

 似合わせの2nd STEP!〜顔の見え方〜

次に顔の見え方を調整していきます!

左のスタイルの赤線のところ。

ここの長さをどうするかで顔の見え方が変わってきます。

今回は縦長な印象を見せたいので長めにしています。

逆に右のスタイルのように、短くなると顔の見える面積が増え、

横広に見えるようになるので柔らかさや軽さを感じます。

あと、前が短くなるので全体の長さも短く見えるようになります。

(トップの長さとかが違うので一概には比べられませんが・・・)

このようにまずは

①全体のシルエット

次に

②顔まわりの見え方

で似合わせを考えていきます!

(順番は逆のときもあり)

シンプルなヘアスタイルとは?

Rawが提案する【シンプルなヘアスタイル】は

この2つがしっかりと似合っているか?が重要です!

本来はもうひとつ、「質感表現」が加わるのですが

今回のヘアスタイルでは分かりづらいので割愛・・・

「自分に似合うヘアスタイルがわからない・・・」

なんて方はまずはこの二つを考えることをオススメします!

Raw Standard Cut的考察・・・

ここからは美容師向け。

今回のスタイルはRSC(Raw Standard Cutの略)でいう

【ハイポイント・グラデーションボブ】

というテクニックでカットしています。

 

このスタイル。(長さは違いますが、テクニックは一緒)

これに顔まわりのオーバーセクションにグラデーションを入れています。

そしてレイヤーは全く入っていないので、オーバーセクションはエンズセニングのみ。(毛先だけ削ぎっていう意味ね)

アンダー&ミドルセクションにはインナーセニングやスライドセニングを入れて抜け感を出しています。

ただなるべく質感を綺麗に残したいので、効果的に必要最小限のセニング(削ぎ)にしています。

髪を削ぐことが駄目なわけではなく、イメージより削ぎすぎることが駄目だと思うので、

軽さが欲しい・質感が軽いスタイルがイメージの時は、

そのイメージに対して必要最小限の削ぎが重要だと考えています!

なので軽くしたいときはレイヤーも入れるし、必要ならたくさん削ぎます。

重要なのは【最終的な仕上がりが明確かどうか?】です!

終わり方がよくわからないけど終わります!笑

 

 

 

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事