Blogブログ

自分に似合うヘアスタイルの見つけ方や、Rawのライフスタイルを提案しています。

好きなことを仕事にする?①

さて、先月より営業を再開したんですが、やっとRaw 的には日常が戻ってきた感じです。

そして意外と多くのGuestに、

「ブログ、面白かったです!」

といって頂き、恥ずかしいような嬉しいような・・・

そしてやはり、

「全然、毎日更新でなかったですね!」

と突っ込まれました。(笑)

意外と文を書くことは好きそうなので、楽しみながら続けていきたいと思います・・・

【好きなことを仕事にする】を掘り下げてみよう!

ブログで一番、反響を頂いたのがこの記事。

【好きなことを仕事にする】って最近よく聞くフレーズですが、本当?

分析好きの僕としてはちょっと掘り下げていこうと思います。

(ブログを書き進めながら掘り下げるので、答えは出るのかわかりません・・・)

僕が今までに好きになったことってなんだろう・・・?

・漫画&アニメ

・野球

・サーフィン、スノーボード、スケボー

・ゲーム

・ファッション

・音楽

・車、バイク

・アート

ザッとこんな感じですかね。あとはここからの派生だったりすると思います。

なぜこれらを仕事にしなかったんだろう・・・?

・漫画&アニメ(読むのは好きだが自分で書きたいとは思わなかった)

・野球(自分の実力の限界を知ったし、そこからトレーナー等の選手のサポート的な仕事にも興味はなかった)

・サーフィン、スノーボード、スケボー(自分の実力の限界、それらを取り扱うお店側にも興味はなかった)

・ゲーム(やるのは好きだが、制作側・販売側は特に興味はなかった)

・ファッション(洋服関係は興味はなく、美容師は少し関係があるのかな?)

・音楽(聞くのは好きだが他は興味なし)

・車、バイク(所有物としては興味があるが他は興味なし)

・アート(興味を持ったのが美容師になってからなので、仕事の選択肢として出てこなかった)

と書き出してわかったのですが、文化方面は好きだが仕事としてやりたいと思わなかった。

スポーツ方面は実力が足りなかったり、そこまで努力をすることができなかったことが多いですね。

【好きなことを仕事にする】って漠然としてるな・・・

しつこくもう少し掘り下げる。

ミュージシャンやスポーツ選手って割と【好きなことを仕事にする】のわかりやすい例ですが、

僕もその辺も好きだったが仕事にしようとは思わなかった・・・

これってなんなんでしょうね?

興味の深さの問題?実力の問題?など考えられますが、【なるための難易度】も大きい要因なのかな?

髪をいじるのが好き→美容師って構図も考えられますが、それは他も同じで、

美容師はなるための難易度がスポーツ選手やミュージシャンよりはるかに低いので手が出しやすい職業ではありますね。

【なるための難易度】っていうのも大きな問題で、難易度が高い仕事ほど努力や才能などが必要で、

それを行える「好き度」みたいなのが必要だし、できるから好きになるということもあるからややこしい・・・

まぁ、その辺りは今は置いといて【なるための難易度】は仕事を選択する時に大きな影響がある気がします。

人間、みんなが「なりたい自分になる!そのための努力は怠らない!」みたいな人だったら問題ないのですが、

そうもいかないのが人間・・・(笑)僕はそんな弱さも人間らしくて好きですし、(実際、僕もそうですし)

そんな範囲で【好きな仕事をしたい!】と思ってもいいと思います。

 

とまぁ、今日はここまでにしておきます。(笑)

※電話対応について

現在、スタッフ2人で営業していたり、日によって1人で営業しているため、ほとんど電話に出れていません・・・

お電話を頂いた方は大変、申し訳ございません。

また予約が取りづらい状況もあり、お客様のご都合と予約の空き状況をご相談するのにお時間がかかっているため、

営業中の対応が難しくなっております。WEB予約がご利用できる方は是非、ご活用ください。

またメニューの問い合わせ等がございましたら下記、RawのLINEからご相談頂けると大変たすかります。

電話をかけられて、留守電話になった場合はお名前だけでも入れて頂けると幸いです。

(営業活動の電話なども多いため、折り返しのお電話の判断が難しくなっております)

何かとご不便をおかけしますが、何卒、よろしくお願いします。

 

友だち追加

※スマートフォンから見ている方はこちらのボタンを押して友だち追加してください。

※パソコンでご覧になっている方は、こちらのボタンをクリックして表示されるQRコードを

スマートフォンのQRコードリーダー、もしくはLINEアプリ内のQRコードリーダーで

QRコードを読み取り、友だち追加してください。

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事